当サイト「ネットニュースリアル」は生活全般やUberEatsなどの配達関係、YouTubeなどネットで話題の情報をお届けします。

【誰でも簡単】UberEats配達員の登録の仕方を丁寧に解説!

2020/10/23
 

UberEatsの配達員は18歳以上なら誰でも気軽に始められます。

興味があるけど何から始めたらいいの?やどうやって配達するの?とか疑問があると思います。

そんなあなたの疑問を解消するために1つずつ解説します。

とはいってもオンラインで簡単に登録できるので安心してくださいね。

UberEats配達員パートナー登録

コアラ兵長
丁寧に1個ずつ解説していくで!

ステップ1:アカウント作成

すでにUberEatsの料理の注文でアカウントを作成している方はログインして、パートナ登録へ進んでください。

メールアドレス

お知らせや報酬など大切な情報が送られてきます。

普段使われているメールアドレスを記入しましょう。

名前

ローマ字で記入します。(例)名:Taro 姓:Suzuki

偽名はNGです。身分証明書で確認されるので本名を記入しましょう。

電話番号

スマホの電話番号を記入します。

固定電話ではなくスマホの電話番号を記入しましょう。

パスワード

8文字以上のパスワードを記入します。

都市

メインで稼働する都市を記入します。

ローマ字でも日本語でも都市を記入すると該当の都市一覧がでますのでそこから選びましょう。

例えば渋谷と記入すると、日本、東京都渋谷区と一覧から出てくるので選択してください。

登録した都市以外でも稼働することができます。

ちなみに登録後あとから変更可能です。

紹介コード

紹介コードある場合は記入してください。

必須ではないのでなければ空欄のまま次へを押してください。

スポンサーリンク

ステップ2:必要書類のアップロード

自転車で配達する場合

1、身分証明書

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 小型船舶操縦免許証
  • 学生証と健康保険証(学生のみ)

上記のいずれかの身分証明書をスマホで撮影しアップロードします。

顔も含めてすべて鮮明に写っているか確認してくださいね。不鮮明だと何回でもやり直しです。

学生の方のみですが、上記の身分証明書がない場合は、学生証と健康保険証の両方ともアップロードしてください。

また外国籍の方はパスポートと在留カードの写真を同じ画像に収めてアップロードしてください。

2、プロフィール写真

スマホで簡単にアップロードします。

正面を向いて明るい部屋で顔全体を撮影します。

大体画面中央に顔が来るようにしてください。その時サングラスやマスクや帽子などはしないでください。

自分以外のものが映り込んでないチェックしてください。

注意点なんですが、配達アプリでオンラインする時にしょっちゅう本人確認(顔認証)されます。

自分の顔をスマホで撮って送るのですが、登録した人と同一人物かをAIが確認するんですね。

プロフィール写真はあらかじめ撮っておいた写真でアップロードできますが、加工した写真だとはじかれて稼働できなくなりますので、絶対に加工しないでください!

写真を盛りたい気持ちはわかります(笑)

原付バイク(125cc以下)で配達する場合

1、運転免許証

鮮明に映っているか確認します。

2、プロフィール写真

3、自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)

書類に記載されている名前が Uber アカウントの登録名と一致していることを確認します。

写真が不鮮明でなく、鮮明に映っているか確認してください。

自動車損害賠償責任保険証明書 (自賠責)にナンバープレートの情報が記載されていない場合、ナンバープレート証明書 (標識交付証明書)を並べ、1 枚の写真として撮影したものをアップロードしてください。

4、ナンバープレート

先ほどの自賠責と同じナンバーか確認して、鮮明に撮影してください。

 

125cc以上のバイクまたは軽貨物で配達する場合

1、運転免許証

2、プロフィール写真

3、自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)

4、ナンバープレート

事業者用ナンバープレートが必要です。

軽貨物→黄色文字の黒色ナンバー

125cc超のバイク→白色文字の緑色ナンバー

5、車検証または軽自動車届出済証

250cc以下のバイクで配達→軽自動車届出済証を撮影

軽貨物または250cc以上のバイク→車検証を撮影

6、任意保険または自動車共済証書

氏名、住所、有効期間、車両の情報 (ナンバープレート番号など) の記載が必要です。

ナンバープレートが記載されていない場合は保険会社に依頼してください。

コアラ兵長
必要書類の詳細は公式サイトをみてな!

UberEats公式サイト(必要書類)

ステップ3:銀行口座の登録

銀行口座の登録はアプリからすると不具合でエラーが出る事があります。

できればウェブブラウザで登録することをお勧めします。

UberEatsの報酬は海外から送金されます。

なのでゆうちょ銀行やネット銀行は対応していません。

お勧めの銀行は三菱UFJ銀行・三井住友銀行です。

どちらかの銀行口座があるのでしたらどっちかにしといた方が無難ですよ。

銀行口座の詳細記入の仕方

口座名義

名→姓の順番で英語(半角)入力します。名と姓の間に半角スペースを入れます。

(例)Taro Suzuki

口座名義(カタカナ)

半角カタカナで入力します。名と姓の間に半角スペースを入れます。

(例)タロウ スズキ

名義人都道府県

銀行に登録している都道府県を英語で記入します。

(例)Tokyo

名義人郵便番号

銀行に登録している郵便番号を記入します。

住所

銀行に登録している住所を記入します。

海外から送金されるため日本語ではなく、英語で記入します。

順番も通常の順番ではなく少しややこしいです。

番地→町名→区→市の順番になります。

(例)東京都渋谷区渋谷1-12-2 → 1-12-2 Shibuya,Shibuya-ku

ややこしかったらグーグル翻訳を使ってください。

金融機関名

何文字か記入すると選択肢が出てくるので該当の金融機関名を選びます。選択肢がある銀行は対応しています。

基本的にはネット銀行は対応されていません。

無難な銀行は三菱UFJ銀行三井住友銀行です。

金融機関コード・支店コード・銀行口座番号

金融機関コード4桁

視点コード3桁

銀行口座番号7桁

すべて記入したら送信を押します。

ステップ4:ドライバーアプリをダウンロード

UberEatsの料理を注文するアプリではなく、ドライバーアプリをダウンロードします。

iPhoneの方はこちらかダウンロード

androidの方はこちらからダウンロード

インストールしたらアカウント作成した時のメールアドレスとパスワードを入力してサインインします。

ステップ5:パートナーセンターで本登録

パートナーセンターにて本登録を完了させると当日中に配達開始することができます。

しかしコロナの影響でパートナーセンターは休止していて営業の再開は未定です。

現在は審査に合格すれば配達を開始することができます。

配達に必要なUberEatsバッグはAmazonにて公式の運営が4000円で売っています。転売ヤーが正規の値段より高く売っているものがありますのでご注意ください。

2020/10/22時点で1000円値上げしているのを確認。値段は上下するので必ず4000円で買える訳ではありませんのでご注意ください。

【公式】UberEatsバッグ

配達に必要なもの、あると便利なものはこちらの記事でまとめていますのでご覧ください。

これにて登録は完了となります。

最後に

無事に登録することができましたでしょうか?

UberEatsは自由に働ける新たなチャレンジと言えます。

多くの方の生活になじめる働き方なのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

UberEatsで料理を注文してみよう!

【a】Uber Eats フード注文

料理を注文することで注文者の気持ちや、大まかに配達するまでの流れがわかります!

UberEatsで配達を始めてみようと考えている方は一度料理を注文してみましょう!
Uber Eats フード注文はこちら

Copyright© ネットニュースリアル , 2020 All Rights Reserved.