当サイト「ネットニュースリアル」はトータルニュースメディアです。政治や経済、芸能、おもしろ情報等々ネットで話題の情報をお届けします。

【2018年2月】パチンコ・パチスロ出玉規制!ついに終了か?

2020/01/26
 

パチンコ、パチスロは2017年の規制で終わる?

パチンコ好きの方はもうご存知だと思いますが、2018年2月を目標にした出玉規制が発表されました。

その内容は大当たり1回の出玉の上限が2400発から1500発。さらに4時間で獲得できる出玉が1,5倍未満になります。

どういう事かと言うと1分間に100玉発射されるので4時間で2万4000玉発射されます。

これの1,5倍ですので3万6000玉が最大獲得数になります。でここから2万4000玉引かれるので1万2000玉残ります。等価で48000円ですね。

ただ48000円と言っても最大ですからここまで出る事はないので無茶苦茶運が良くて4時間で5万くらいと言う事ですね。

初当たりまでに2~3万かかる事なんて日常茶飯事ですから相当きついです。

ちなみにパチスロにも適用されます。これって今までにないくらいの規制ですよね。

今現在は4時間あったら10万勝ちもありえますからね。

この規制が実行されたら2~3万突っ込んだらもう勝ちはほとんどなくなりますからほとんどの人は大金をつぎ込まなくなりますね。

カジノ法案に向けた依存症対策で今回の規制が発表されたのですが、ライトユーザーはやめる人が大量にでてきそうですがヘビーユーザーはどうでしょうか?

いくら頭で出ないと分かっていてもやめられない人が依存症なのであって、やめれる方は依存症ではないですよね。

パチンコ店には依存症の方しか残らない。そして遊戯人口が減るので一人あたりの負ける金額が増えるわけです。

多くのパチンコ店が潰れてますが大手チェーンは生き残りそうです。

私は半分以上のパチンコホールはなくなるんじゃないかと予想しています。

完全に終了ではないと言う事です。

今までも規制がかかる度にパチンコは終わったと言われていますが、終わったことは一度もないですよね。

でもパチンコ店がかなり減少していることは確かですし、今回の規制でさらに減ります。

一瞬で終わらせようと思えば換金行為を禁止にすればいいだけですが、そうしないのは警察の良い天下り先だからです。

カジノ法案に向けた依存症対策や東京オリンピックに向けてパチンコ店を少なくしたいが無くしたくはない。

生かさず殺さずですね。

ですがこれから先さらに規制が強くなる事は容易に想像できますし、パチンコの金がカジノに流れる事を考えるとパチンコ終了となる日はそう遠くはなさそうです。

Copyright© ネットニュースリアル , 2017 All Rights Reserved.