当サイト「ネットニュースリアル」は生活全般やUberEatsなどの配達関係、YouTubeなどネットで話題の情報をお届けします。

宮崎駿、完全復帰へ!理由は『君の名は』?

2020/02/13
 

宮崎駿監督、引退宣言撤回し完全復帰へ

みなさんはジブリ派ですか?ディズニー派ですか?

私は大のジブリファンなんですよ。ジブリと言ったら宮崎駿監督ですよね。

ですが宮崎駿監督は2013年に【風立ちぬ】制作後引退を発表しました。

その時、宮崎駿監督は「何度もやめるといって騒ぎを起こして生きてるんでどうせまただろう、と思われてるんですが……今回は本気です」と話していましたw

なんとこの時5度目の引退宣言みたいですw多すぎw

でもこの時は、もう年やし本当に引退なんだろうと思っていました。

もう宮崎駿監督の新しい作品が観れないと思うと無茶苦茶悲しかったです。

しかしここで朗報!

スポンサーリンク

6回目の引退撤回w

今年の2月にジブリの鈴木敏夫プロデューサーがアメリカのイベントで、宮崎駿監督が長編アニメの制作の準備に入った事を明らかにしました。

そして今月19日に引退を撤回し、長編アニメの制作を本格始動したことがわかりました!

うれしすぎる!また宮崎駿監督の新作をみれると思うとわくわくしますね。

でもここで疑問がでてきます。

なぜまた復帰したのか

まぁいつもの事と言えばいつもの事なんですけどねw

でも76歳なんですよね。長編アニメをつくるのに何年も掛かるんですよ。

宮崎駿監督は引退する時に、体力の限界と言っていました。疲れたと。

つまり今回復帰するには理由があるはずなんですよね。体力の限界を覆すほどの。

いくつかありそうですが一番言われているのが

『君の名は』に刺激された

実は宮崎駿監督は『君の名は』を観たんです。

その時にそうだよねぇ。俺はやらないけど、やっぱりそっちいくよねぇ』と発言。

鈴木敏夫プロデューサーも『芝居をするキャラクター、セリフ、音楽がどれも背景を際立たせるように作ってある』

「吸い込まれそうな高い秋の空が特に印象的でしたね」と『君の名は』を絶賛しました。

『君の名は』は興行収入240億越え。

日本映画の興行収入ランキングで1位『千と千尋の神隠し』2位『タイタニック』3位『アナと雪の女王』に次ぎ4位を獲得した超超超大ヒット作品です。

これを観た宮崎駿監督は正直悔しいというか、ざわざわっとした感情になったんじゃないかって思うんです。

新しいCG技術に負けたくないというか。若いもんには負けたくないみたいな感じだと思うんです。

実際は本人しかわかりませんが。

1位は『千と千尋の神隠し』で興行収入では勝ってるんですよね。

でも危機感みたいなのもあるし、自分も日本中を再び沸かしたいという気持ちになったのかなって思います。

もう一つは

ジブリを盛り上げたい

みなさんは2016年6月公開の『レッドタートル』を観ましたか?

私は観てないんですよ。いつもならジブリというだけで観ていたのですが…

ちなみに『君の名は』はあまりにもヒットしているもんだから、「観たい!」ってなったので観に行きました。

『レッドタートル』は「観たい!」ってならなかったんですよね。

そんな人が多かったのか、興行収入的にも大爆死みたいです…

そんな状況を見かねて今回、宮崎駿監督が立ち上がったのではないでしょうか?

ジブリは宮崎駿監督引退後、制作部門を解体したのですが、宮崎駿監督と共に復活しました。

『レッドタートル』は絵やストーリーともにジブリ感がないと言われています。

しかし宮崎駿監督の新作は紛れもなくジブリ!全ておいてジブリ!

話題性もばっちりで公開されれば間違いなく盛り上がりますね!

新作はいつ??

2019年と言われていますが、無理だと思います。

本人も無理と言っていますからね。

おそらく2020年以降になると思われます。

昔は兵器で12時間13時間と働いていましたが、今は3時間~4時間が限界みたいです。

若い時みたいにはいかないみたいですね。

最後に

もうさすがに引退宣言は撤回されないだろうと思っていました。

しかしクリエイターの性なんでしょうか?見事に復帰してくれました!

ジブリファンにとって、これほどうれしいことはありませんね。

しかし正真正銘の最後の作品となるでしょう。

一体どんな作品になるのか?今までの作品を超える集大成となるか。

いまから待ち遠しいです!

Copyright© ネットニュースリアル , 2017 All Rights Reserved.